「紫外線は美容の大敵」といわれる理由。

紫外線は美容の大敵といわれ、シミやくすみの原因になっていることはみなさんよくご存じでしょう。

紫外線がなぜよくないかというと、まさに活性酸素を発生させてしまうからです。

日焼けによって皮膚に炎症が起きるのも、紫外線によって生成される活性酸素が原因です。

紫外線を吸収して、その害から皮膚を守るためにメラニン色素が作られますが、このメラニン色素がシミやくすみをもたらします。

また、紫外線を浴びて、毛穴に詰まった皮脂が酸化されるせいでコメド(面皰)が作られますし、アクネ桿菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たると、活性酸素が大量に発生します。

このように紫外線によって活性酸素が発生し、皮膚が酸化されてしまうことが、ニキビをはじめとするさまざまな肌トラブルの原因だったのです。

ですから、紫外線対策を怠らないようにすることは、さまざまな肌トラブルの予防につながります。

しかし、やっかいなことに、活性酸素を発生させる原因は紫外線ばかりではありません。

水道水に含まれる塩素、酸化しやすい油を多く含む食品、タバコ、排気ガス、放射線、一部の医薬品や農薬なども活性酸素を発生させます。

さらに、人間の生体活動によっても活性酸素は作られます。

呼吸によって取り入れた酸素を体内で利用するとき、食物を摂取してエネルギーに変換するとき、そして体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを退治しようと免疫細胞が活動するときなど、日常のあらゆる場面で私たちは活性酸素と関わっているのです。

アクネ桿菌が増殖しはじめた際、強力な殺菌作用のあるヒドロキシラジカルを生成して、菌の害から身を守ろうとすることはすでに述べましたが、このヒドロキシラジカルも実は活性酸素の一種です。

ヒドロキシラジカルという活性酸素は、菌を殺してしまうほどの威力を持つわけですから、紫外線やタバコ、排気ガスなどによって発生する活性酸素が、皮膚の細胞を傷めつけてしまう威力を持つことも納得できるのではないでしょうか。

欧米ではこうした活性酸素の害を防ぐことを主軸にしたニキビ治療が行われています。

日本でも活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用に優れた治療薬がどんどん開発されています。

「抗酸化」は今、健康で美しい肌を守るキーワードになっているといっていいでしょう。

なお、ビタミンCやビタミンEは強力な抗酸化作用を持った成分ですから、これらをたっぷり含む野菜やフルーツを積極的に摂取することで、体の内側から活性酸素に対抗できる力を高めるようにすることをおすすめしたいと思います。