活性酸素のニキビに対する害。

活性酸素とはどんなものか、ご存じでしょうか。

文字どおり、酸素の一種なのですが非常に活動性が高く、周囲にあるさまざまなものと反応を起こしやすいという性質があります。

この活性酸素は、ニキビの発症,進行,そしてニキビ跡の形成にまで、非常に深く関わっていることが明らかになってきており、専門家の間でたいへん注目されています。

すでに紹介したように、皮脂が毛穴に詰まってしまうことがニキビのそもそもの原因です。

とはいえ、それだけではニキビにはなりませんし,炎症を起こすこともありません。

毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化されて、遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わると、コメド(面皰)が作られ,ニキビが発症するのです。

コメド(面皰)が炎症を起こし、ニキビを悪化させるのも、酸化が大きな要因です。

酸化とはどのようなことか、例をあげてみましょう。

たとえば、古くなった揚げ物を食べると、おなかを壊してしまうことがあります。

柔軟性のあるゴムホースを長い間放置していると、ガチガチに硬くなって、折り曲げようとすると裂けてしまうことがあります。

こうしたことは油やゴムホースが酸化によって変質してしまうせいで起こります。

酸化されると物質は弱くなったり、傷みやすくなったり、壊れやすくなったりしてしまうのです。

同様に、毛穴に詰まった皮脂が酸化されると、周囲の細胞を傷つけたり、皮膚の再生機能を低下させたりします。

アクネ桿菌が分泌するポルフィリンという物質もやはり酸化をもたらす要因になっていることがわかり、炎症を引き起こしたり、細胞を破壊したりします。

つまり、皮脂の酸化がニキビの発症や進行をもたらしているのであり、皮脂を酸化させてしまうのが活性酸素だったのです。