ニキビ,睡眠不足,夜更かし

睡眠不足と夜更かしのニキビ肌に対する悪影響。

肌の健康と美容を保つためには、十分な睡眠が不可欠です。

 

眠っている間に、栄養が皮膚に補給され、不要となった老廃物が排出され、細胞が新しく作られるからです。

 

皮膚の再生や栄養補給のために、だいたい八時間前後の睡眠が必要といわれています。

 

四時間か五時間眠れば頭の疲れは回復できるという人もいるでしょうが、肌の健康と美容のためにはそれでは不十分といわざるをえません。

 

仕事で忙しい時期など、やむをえず十分な睡眠時間を確保できない状況もありますが、そうした生活が長く続くと、皮膚の老化が促進され、ニキビの他、肌荒れ、くすみ、シミ、シワといったトラブルを招くことになってしまいます。

 

夜更かしもよくありません。

 

なぜなら、夜の10時ごろから11時ごろの間に、新しい細胞が作られるからです。

 

皮膚の深部で新しい細胞が作られ、古い細胞は新しい細胞に押し出されるようにしてはがれていくという細胞の生まれ変わりが、もっとも盛んになるのがこの時間帯なのです。

 

したがって、オールナイトで遊んで明け方帰宅し、それから尽1 週ぎまで寝るというようでは、たとえ睡眠時間は十分であっても、皮膚の再生はさまたげられてしまうのです。

 

このような生活を続けていると、やはり皮膚の老化が早く進みます。

 

楽天より安い販売店でベルブランを購入しても、ニキビやニキビ跡の対策も遅れがちになってしまいます。

 

現代人が10時に就寝するのはむずかしいことと思いますが、夜は早めに床につくように心がけ、八時間ぐらいの睡眠を確保する規則正しい生活を送ることは、健康で美しい肌を実現するためにも、ニキビを予防改善するためにも不可欠なことなのです。

 

※ストレスが原因になることも。

 

ニキビを含めた肌のトラブルは、ストレスが関係していることも少なくありません。

 

心配事や悩み事を抱えてイライラした状態が続くと、肌が荒れたり、じんましんが生じたりする人もいます。

 

爪の健康が損なわれたり、円形脱毛症になってしまったりすることもあります。

 

爪や毛髪も皮膚の細胞が変化したものですから、不安定な精神状態がそうした事態を招くこともあるわけです。

 

反対に、恋をしていると肌もいきいき、髪もつやつやとしてきて、本当にきれいになってきます。

 

幸せな気持ちが、女性ホルモンの分泌を安定させて、肌などにもよい影響が出てくるのです。

 

それほど、精神状態は肌に大きな影響を与えているのです。

 

では、肌のトラブルとストレスとはどのように関わり合っているのでしょうか。

 

ストレスと関係が深いのは自律神経系です。

 

血圧や消化管機能などのコントロールを行っている自律神経系は、交感神経と副交感神経とから構成されており、ストレスを受けると交感神経の働きがまず活発化します。

 

交感神経の活発化により、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンが多量に分泌され、血圧が上昇したり、筋肉が収縮したりしてストレスに対抗するために体が緊張状態になります。

 

ストレスをもたらす対象に対して怒りや恐怖などの感情も生じますから、精神面でも緊張状態になります。

 

また、ストレスはホルモンの分泌をつかさどる内分泌系の働きとも関連しています。

 

糖質コルチコイドという一種の抗ストレス作用の強いホルモンを分泌して、ショックや炎症を和らげたり、気力を高めるなど、心身をストレスに抵抗できる状態にしてくれるので一時的なストレスに対しては、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌で立ち向かうとができます。

 

そして、ストレスが早めに解消されて、心身の緊張が解かれてリラックスできればいいのですが、慢性的にストレスが続くような状態では、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌はむしろ心身に悪影響を及ぼします。

 

交感神経の働きばかりが強化されると、自律神経失調症を招くおそれがあります。

 

交感神経と副交感神経とがバランスよく機能することで、体が健康な状態に保たれるわけですから、そのバランスが崩れると、たとえば不眠や動悸、頭痛、腹痛、倦怠感といった症状に悩まされることになってしまうのです。

 

また、ストレス状態が長く続くと、糖質コルチコイドの分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されることになります。

 

すでに述べたように肌の健康と美容には性ホルモンの関与が大きいので、その分泌が抑えられてしまうと、ニキビができやすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招くことにつながります。

 

このストレスはアダルトニキビをもたらす重要な要因になっているのではないかといわれています。

 

職場や家庭の中で抱えるさまざまなストレスが自分でも気づかない間に積み重なって、自律神経系や内分泌系の働きに悪影響を及ぼした結果、アダルトニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうというのは、十分に考えられることなのです。

 

ただ,どのような出来事がどのくらい強いストレスになるかは人によって異なりますし、肌トラブルとの関係を科学的に証明することはむずかしいといわざるをえません。

 

それだけに、一人ひとりが自分に合った方法でストレス解消をはかることがとても大切なことなのです。